チラシ印刷をするなら業者選びが肝心!チラシ広告アドバイザー

あらゆる方法がある

印刷機

チラシ印刷と言っても全てのチラシを同じ方法で印刷するわけではありません。白黒チラシとカラーチラシでは印刷に利用するインク量等も違い、印刷枚数によって1枚あたりのコストも違ってくるのです。

詳細を確認する...

業者のノウハウ

チラシ

新しい商品やサービスについて告知したり、期間限定の広告等を行うときにはフライヤーやチラシ印刷をするのが便利です。これらをデザインして印刷するのはとても大きな作業となりますが、美しく注目を受けるデザインのものを使用することで商品やサービスの認知度を高めることが可能です。

詳細を確認する...

オンライン広告とは違う

チラシを印刷するメリット

デザイン

消費者からの需要の高さにより、デジタルチラシを配布することが一般的になってきた今日において、チラシ印刷を行わない企業が増えてきました。しかし、印刷された媒体を用いるメリットは大きなものがあります。 チラシ印刷をすることのメリットは自社の宣伝広告を兼ねることができるという点です。デジタルチラシの場合には消費者が自分から企業のホームページを訪れなければ目につくことはありませんが、印刷されたものであれば新聞の折り込みチラシやポスティングのチラシとしてたとえその企業やお店についても知らなくても見てもらうことができるのです。その際にクーポン等のインセンティブを付加しておくことによってさらに店を訪れてくれる可能性を高められるでしょう。

デジタルチラシを使わずにチラシ印刷のみをする傾向も存在

チラシのデジタル化が進むことによってチラシ印刷を行う企業も減少傾向にあり、チラシ印刷を行う企業においてもその発行部数を減らす傾向にあります。費用削減の観点と、企業としてのエコへの取り組みの一環として組み込まれていることとの影響に寄るものです。 一方で、デジタルチラシの配布を行わずに、チラシ印刷をして新聞の折り込みでしか配布しないスタイルを守る企業も多数見受けられます。デジタルチラシをあえて配布しないことで、消費者のオンラインでの価格比較から抜け出すことができるからです。もし折り込みチラシが手に入らない場合には店頭で確認する他なく、それが理由となって足を運ぶ消費者が現れます。こういった巧妙な戦略もとらえるようになってきています。